アスペルガーの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)で用いられる認知行動療法では、患者の行動の背景を患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)本人に確認しながら、問題行動を改善していきます。 アスペルガーの特効薬はありませんが、認知行動療法で症状を克服することが可能です。 認知行動療法は、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)の行動には必ずその行動をするちゃんとした理由があるという考えのもと、患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)にその行動をした理由を伝えてもらいます。 そして、その理由に問題がある場合、どんな風に問題があるのかをゆっくりと時間をかけて患者に理解してもらうことで、患者の問題行動を次第に減らしていくではないでしょうか。 時間の掛かる治療法ではありますが、時間を掛ける分、効果は大きいと思っているのです。 患者の感じ方(認知)に問題が出る理由は様々です。 生まれ育った環境や人間関係などに影響されて、考え方や感じ方は大きく変わっていきます。 一度形成された考え方や感じ方をかえるのは難しいことかもしれません。 でも、本人がそうしたいと思えば、ちょっとした時間は掛かっても、いつか必ずできるでしょう。 アスペルガーの治療に、認知行動療法を取り入れる価値は十分にあると言えるのですー